株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

略年譜
■1899年2月13日東京で生まれる。10月より二年半札幌で暮らす。
■1911年小学校を卒業、お茶の水高等女学校に入学
■1916年 『中央公論』9月号に処女作「貧しき人々の群」発表。
日本女子大英文科予科に入学するが中退。
■1918年 北海道に行きアイヌに取材した「風に乗って来るコロポックル」執筆。
9月渡米。ニューヨークで荒木茂と結婚。「渋谷家の始祖」執筆。
■1924年 春、湯浅芳子を知る。「伸子」を書きはじめる。秋、荒木と離婚。
■1927年 12月湯浅とともにソビエトに行く。
■1929年 4月よりヨーロッパ各地をまわる。
■1930年 帰国後、12月日本プロレタリア作家同盟に加盟。
■1931年 9月「満州事変」が勃発、翌月非合法下の日本共産党に入党し、
反戦平和の執筆活動を強める。
■1932年 2月、宮本顕治と結婚
4月駒込署に検挙され、顕治は地下活動に入る。「一九三二年の春」執筆
■1933年 小林多喜二虐殺 夫顕治検挙
「刻々」などを執筆。
■1934年 1月に検挙され、翌月作家同盟解散。6月母の危篤で釈放。
12月、「冬を越す蕾」を発表。
■1935年 4月、「乳房」を発表。
5月淀橋署に検挙される。
■1936年 1月に父急死。6月公判、懲役2年執行猶予4年を受ける。
■1937年 7月、中国への全面侵略戦争開始。
この年、「猫車」「山本有三氏の境地」「海流」「今日の文学の展望」など精力的に執筆。
■1938年 1月から翌年春まで執筆禁止され、翻訳の下請などをする。
■1939年 「その年」を書いたが検閲で発表は不許可。「杉垣」「広場」などを執筆。
「婦人と文学」を書きつづける。
■1940年 10月、大政翼賛会発足。
『明日への精神』『朝の風』『三月の第四日曜』刊行。
■1941年 2月から再び執筆禁止。
12月太平洋戦争開始、開戦の翌日駒込署に検挙される。
■1942年 7月東京拘置所で熱射病のため昏倒、人事不省のまま執行停止で出獄する。
■1944年 6月、夫顕治の公判開始。
12月顕治の第一審無期懲役判決、上告するが翌年棄却され確定。
■1945年 第二次世界大戦終結
8月郡山で終戦を迎える。10月治安維持法撤廃で顕治が釈放される。
■1946年 「歌声よ、おこれ」「播州平野」「風知草」
この年、日本共産党役員としての仕事や新日本文学会中央委員、婦人民主クラブ
幹事の他に、文芸家協会、放送委員会、出版協会など多方面で活躍する。
■1947年 「二つの庭」
夏過労のため千葉で静養する。「二つの庭」の完結後「道標」の執筆を始める。
■1948年 「道標」を書きつづけながら反戦平和の論陣をはる。
12月、「平和運動と文学者」を講演。
■1950年 6月朝鮮戦争勃発。日本共産党中央委員会へ米占領軍が公職追放を指令。
10月「道標」第三部完結。12月東大の戦没学生記念集会で講演する。
■1951年 1月21日電撃性髄膜炎菌敗血症で死去。享年五十一歳。