雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2005年6月号 No.117

経済2005年6月号 No.117

総特集 中南米 広がる変革の波

定価1,008円(本体933円)

送料86円(第3種郵便)

2005年5月8日発売

今月は「中南米 広がる変革の波」の総特集です。ベネズエラ・チャベス政権に代表される中南米の”新しい激動の時代”。今号はその動きを多角的に知る上で絶好の一冊です。

まずは座談会「中南米の変化をどうみるか」(出席・岡部広治/新藤通弘/菅原啓/田中靖宏/吉川久治)。赤旗現地駐在記者が語る肌で感じた各国の変化。80年代「失われた十年」、90年代「絶望の十年」と言われる経済危機から脱出する変化の背景を分析。

中南米の主要17ヵ国の「最新リポート」は、手軽に読める最新事情です。ページをめくると、海外探訪の気分が味わえます。

ほかに「中南米文化のいま」として、音楽(竹村淳)、美術(加藤薫)、映画(山田和夫)、サッカー(和泉民郎)の読み物。論文では「ブッシュ政権の干渉戦略と中南米」(岡田則男)、「日本・メキシコ経済連携協定」(高懸雄治)、「世界社会フォーラムに参加して」(藤岡惇)などがあります。

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。