雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2005年2月号 No.113

経済2005年2月号 No.113

特集 2005年の日本経済をどうみるか

定価1,008円(本体933円)

送料86円(第3種郵便)

2005年1月8日発売

政府は、日本経済の堅調ぶりを評価しますが、国民生活はそれどころではありません。特集は、年初め恒例企画「05年の日本経済をどうみるか」です。七人の報告者が分野別に分析、今年の経済動向、国民・労働者の運動の課題を検討しています。(1)賃金・雇用・家計(牧野富夫)(2)中小企業(吉田敬一)(3)混迷する金融界(桜田氾)(4)アメリカ経済(萩原伸次郎)(5)中国経済(松田正次)(6)原油価格動向(萩村武)(7)小泉内閣の経済政策(中島良一)。小泉内閣の大増税計画に対する運動の上でも、参考になる資料も豊富です。

論文「総額人件費管理と労働者生活」(上瀧真生)は、『資本論』の賃金論をふまえ、「労働者の世代的な再生産」という点で、大企業の総人件費抑制戦略を批判。また、昨年の道路公団改革の経過、本質をあばく「道路公団の民営化は何だったのか」(高瀬康正)があります。

古典研究では「マルクス『経済表』について」(谷野勝明)を掲載。新メガ研究などの成果に立ち、マルクスが「経済表」から導き出した理論的発展がどこにあったかを解明します。

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。