雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2011年11月号NO.194

経済2011年11月号NO.194

特集 3・11が問う国のあり方

定価1,008円(本体933円)

送料86円(第3種郵便)

2011年10月8日発売

特集「3・11が問う国のあり方」は、大震災の救済・復旧、原発からの撤退にあたり、日本の方向転換を考えます。座談会「3・11で露呈した資本主義の矛盾」では、岡田知弘、石川康宏、鳥畑与一、増田正人、米田貢の5氏が出席。復興会議の財界戦略、甚大な原発被害への補償の遅れの根本に、大企業中心の経済があること、地域に生き続ける「人間復興」を基本に、運動の方向を話し合います。

合わせて、社会保障(唐鎌直義)、ものづくり(藤田実)、水産特区問題(川崎健)、九電力体制の成立(梅本哲世)についての論考を掲載。

建部正義さんに聞く「10問10答・歴史的な円高・ドル安をどうみるか」は、世界的な為替変動、日本の「円高体質」について答えます。統計シリーズ④は「家族形態の変容と家計の変化」(天野晴子)。「『資本論』と自然災害などによる再生産の撹乱」(友寄英隆)は、マルクスの大災害、食糧危機による経済的困難の論究を紹介します。連載「研究余話」は龍谷大名誉教授の林昭さんが新登場。

特集 3・11が問う国のあり方

〔座談会〕3・11で露呈した資本主義の矛盾
   岡田知弘 京都大学教授
   石川康宏 神戸女学院教授
   鳥畑与一 静岡大学教授
   増田正人 法政大学教授
   米田 貢 中央大学教授

【論文】
  脆弱な生活再建の土台--社会保障による生活再建の思想  唐鎌直義
  持続可能な産業構造への展望とものづくり        藤田 実
  「水産特区」問題の源流--漁業権の学際的検討から   川崎 健
  九電力体制の成立と外資導入              梅本哲世


〔10問10答〕  歴史的な円高・ドル安をどうみるか    建部正義さんに聞く

統計でみる「構造改革」と国民生活(4)
   家族形態の変容と家計の変化             天野晴子

〔論文〕
  世界のウラン鉱産業の実相               高橋文夫
  現在のグローバル化経済とは何か〔寄稿〕        菊本義治

〔読書ノート〕
  高野邦夫著『軍国教育と国民教育』を読んで       山科三郎

〔研究ノート〕
  『資本論』と自然災害などによる再生産の撹乱      友寄英隆

〔新連載〕 林昭さん・阪南大学名誉教授の研究余話   降ってわいたドイツ留学

●書評

  村山祐一著『たのしい保育園に入りたい!』       大井琢

●新刊紹介

  野口邦和監修 プロジェクトF文『原発・放射能図解データ』
  初村尤而著『そもそもがわかる自治体の財政』
  天笠崇著『救える死』
  加瀬和俊著『失業と救済の近代史』
  生活保護問題対策全国会議監修、尾藤廣喜・小久保哲郎・吉永純編著『生活保護「改革」ここが焦点だ!』
  日本婦人団体連合会『女性白書2011』

●随想  林政史料を追って    香田徹也

●コラム 電力制限

●筆者からひと言  中村八郎

●扉 『資本論』講読運動

制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。