雑誌「経済」発行元株式会社新日本出版社

経済2019年9月号NO.288

経済2019年9月号NO.288

特集=「米国vs中国 経済摩擦の波紋」

定価1,030円(本体954円)

送料86円(第3種郵便)

2019年8月8日発売

昨年7月の米政権の関税引上げから「米中貿易紛争」が激化、中国も対抗し、世界が懸念しています。特集では、「米中相互依存経済から『新冷戦』化へ」(山脇友宏)は、トランプ政権の対中戦略からの「制裁」の実態を検討。「どうなる中国経済」(井手啓二)、「米中の経済摩擦と韓国経済」(佐野孝治)、「中国の『一帯一路』と債務問題」(山田俊英)などを掲載。

日産ゴーン事件で注目される大企業の経営問題。「経営者高額報酬問題と企業の株主資本主義化」(丸山惠也)は、安倍政権下の格差拡大も批判。あわせて、CSR、ESG、SDGsといった世界的な企業規制の動向から「企業の社会的責任を考える」(柚木澄)や、「“生産性の低迷”とは何を意味するのか」(佐藤拓也)があります。

今号から、新シリーズ「日本経済を読み解くキーワード」は「①GDPとはなにか」(工藤昌宏)。連載・不破哲三「マルクス 弁証法観の進化を探る」は第5回です。


特集 米国vs中国 経済摩擦の波紋

米中相互依存(チヤイメリカ)経済から「新冷戦」化へ(上) …山脇友宏

どうなる中国経済 米中貿易紛争と中国の対応 …井手啓二

米中の経済摩擦と韓国経済…佐野孝治

〔リポート〕 中国の「一帯一路」と債務問題…山田俊英
〔図説〕「米中貿易戦争」と日本経済

【新シリーズ】 日本経済を読み解くキーワード   ① GDPとはなにか    …工藤昌宏 【論文】 経営者高額報酬問題と企業の株主資本主義化(上) …丸山惠也 企業の社会的責任を考える    ――CSR,ESG,SDGs …柚木 澄 〔研究〕“生産性の低迷”とは何を意味するのか  …佐藤拓也
【連載】 マルクス 弁証法観の進化を探る〔第5回〕 『資本論』と諸草稿から         …不破哲三
【レポート】平和で民主的な社会のために 学者の会がアピールを発表 【データで見る日本経済】(33)ジェンダー平等の課題 ◆世界と日本 G20大阪サミット…金子豊弘 韓国・労災死亡事故…洪 相鉉 アフリカ大陸自由貿易圏…佐々木 優 ◆書評 友寄英隆著『AIと資本主義』…藤田 実 相澤與一著『社会保障のルネッサンス』…浜岡政好 越田加代子著『環境問題と市民参加型制度の発展』…山崎圭一 ◆新刊紹介 『日本の戦争Ⅲ』 『税金は何のためにあるの』 『ファクトチェック最前線』 『公文書管理と民主主義』 『国連「家族農業の10年」と「小農の権利宣言」』 『ネット右翼とは何か』 ●随想 8月に想う…菅野光公(環境経済学者) ◎今月の表紙写真  蓮の実(奈良市ならまち・興善寺)  撮影・村部とみ子(日本リアリズム写真集団奈良支部会員)
制作・雑誌「経済」編集部 当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクをお張り下さい。