株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

日銀総裁が替われば危機を打開できるのか!?

ISBN978-4-406-05689-2 C0033

21世紀型世界経済危機と金融政策

21世紀型世界経済危機と金融政策

定価3,240円(本体3,000円)

2013年5月30日

A5判上製 301P

世界経済が財政危機・金融危機・実体経済危機の三重苦に陥っていると喝破する著者。この難局に、日銀総裁の首のすげ替えという無法を強行し、さらなる金融緩和と財政出動を打ち出すアベノミクス。マルクス経済理論の創造的適用によって危機の構造を解明し、日銀金融政策をつぶさに検証、アベノミクスの対抗軸を示唆する。

【目次】

  • 第I部 21世紀型世界経済危機の構造とその行方
    • 第1章 資本主義経済の現局面をどう見るかーーリーマン・ショック後の世界経済
    • 第2章 21世紀型世界経済危機の構造
    • 第3章 国際金融危機=世界的大恐慌とマルクス経済理論
    • 第4章 国家独占資本主義の現段階
    • 〔補論1〕 グラス・スティーガル法改正の含意
    • 〔補論2〕 バーゼルIIIはシステミックリスクを阻止できるか
    • 〔補論3〕 SDRは国際通貨たりうるかーー周小川論文に寄せて
  • 第II部 デフレ下の日銀の金融政策にたいする批判的検証
    • 第5章 「アベノミクス」と日銀の独立性
    • 第6章 政治的圧力下の日銀の金融政策
    • 第7章 日銀の金融政策を憂うーー民主主義社会における中央銀行のあり方
    • 第8章 日銀の対米協調行動ーー2つのエピソード
    • 〔補論4〕 金融政策の所得分配への影響
    • 〔補論5〕 バーナンキは変節したのかーー『連邦準備制度と金融危機』を読む
  • 第III部 内生的貨幣供給論者としてのマルクス
    • 第9章 マルクスと内生的貨幣供給論