株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

人間である以上は、何ども何ども語りつがねばならないものがある。

ISBN978-4-406-05062-3 C0093

釈迦内柩唄

釈迦内柩唄

定価1,620円(本体1,500円)

2007年9月8日

A5判変型上製 158P

太平洋戦争末期、秋田の鉱山で起きた「花岡事件」を主題にした戯曲「釈迦内柩唄」が、いま再び、著者水上勉氏のオリジナル装丁で甦る。戦争というものの残忍さと人間の尊厳を、火葬を生業(なりわい・ルビ)とする一家のつましい生活のなかに描き出した表題作のほか、この作品にこめた作者の思いを綴った三つの文章と、著者自らが編纂した「花岡事件」資料を付す。

〔目次〕

  • 戯曲 釈迦内柩唄
  • 『釈迦内柩唄』をなぜ書いたか。
  • そして、なぜいま花岡なのか。
  • 演出ノート
  • 『釈迦内柩唄』の上演に想う 尾崎陞
  • 秋田県につたわるかぞえ歌
  • ならびに花づくし歌

花岡事件を中心とする中国人・朝鮮人強制連行事件関係資料

あとがき