株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

発達障害に気づき、向き合うことで得られるもの

ISBN978-4-406-05277-1 C0037

見えなかった発達障害

見えなかった発達障害

ちょっとずつ前に進んだハハとコの記

定価1,620円(本体1,500円)

2009年9月26日

四六判並製 221P

シングルマザーの著者はある時、小学生の娘が自閉症スペクトラム障害だと知る。元気で理解力もある女の子だが、対人関係や表現活動が苦手気味なのは発達障害が原因だった。不登校などへの対応で一進一退しながらも、子どもを丸ごと受けとめる大切さを感じる日々を、ユーモアを交えつつリアルに描き、生への希望を語る。

〔目次〕

  • はじめに
  • 第1章 とるに足らない悩みのはずだった
  •     「みんなそんなもの」?
  •     ひとり親の呪縛とこだわり
  •     「発達障害」という言葉と出会う
  •     周りに助けられながら、少しずつ
  •     「学校に行きたくない」
  •     親子でイチ、ニ
  • 第2章 ねこと一緒に右往左往
  •     あたらしい家族
  •     ねこバカ日誌
  •     居場所はどこに
  •     ばあちゃんと一緒
  •     あれも食えない、これも食えない
  •     「もうやだ、死にたい」
  •     ねこの家出とお引っ越し
  •     だるまさん、起きましょか
  • 第3章 特別支援学級へ転校する
  •     自分で学校を選んだ
  •     二度目の入学式
  •     最初のハードル
  •     生きにくい子らの親たちへ
  •     母もたまには休ませて
  •     何が何でも学校へ……!?
  •     入院という選択肢
  •     不登校再発とズワイガニ
  • 第4章 ひきこもりライフも、オツなもの
  •     「チームK」始動
  •     マブダチ ゆかちゃん
  •     ぼちぼち行こか
  •     「あの先生、イヤ」
  •     DSめさして猛勉強?
  •     涙でにじんだ学芸会
  •     「あなたは自閉症です」
  •     下界へようこそ、プリンセス
  • 第5章 三歩すすんで 二歩さがり
  •     こいつぁ春から絶好調
  •     髪は女の命ですもの
  •     うん、どうかい?
  •     子どもの世界もいろいろ
  •     「さっぱり」わからない
  •     小さな卒業
  •     中学、どうしよう
  •     中学、これじゃダメなの……?
  •     就学「相談」って何なのさ
  •     療育に教えられたこと
  • 解説
  •     素敵な子どもたちへの支援  中山淑子
  •     「自分らしさ」を支えるために  藤原里美
  •     おわりに