株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

岐路に立つこの日本社会で、本当の変革を願うあなたへの一冊

ISBN978-4-406-05938-1 C0036

社会を変える23章 そして自分も変わる

社会を変える23章 そして自分も変わる

定価1,188円(本体1,100円)

2015年10月31日

A5判並製 160P

安倍政権の安保法制の廃案を求める学生、学者、子育て中の母親、全世代の人びとの運動が歴史的に広がっています。私たちが主権者として社会を変えるために大切にしたいリテラシー――社会科学でいうところの、史的唯物論や資本主義社会の仕組み、社会変革と未来社会論など――を、自分の生き方と重ねて、対論形式でコンパクトかつ平易に説き明かします。各章読み切り可能な23章!

  はじめに 3

Ⅰ 社会は変わるのか 7
 1章 変化はいつはじまるのか 8
 2章 アマゾンで生き残れない人間 13
 3章 《マグロの教訓》を生かす 17
 4章 なぜ運動が必要なのか 23
 5章 署名や集会の意味は何だろう 28
 6章 選挙に行く意味はあるのだろうか 35

Ⅱ 平和は理想ではない 39
 7章 戦争はなくせるのか 40
 8章 どうやって日本を守るのか 46
 9章 日本の「強み」は何か 58
 10章 自衛隊の好感度が高いのはなぜか 65
 11章 なぜ給食はパンだったのか:日米関係を考える 68

Ⅲ 歴史をすすめる力 75
 12章 誰が政治を動かしているのか 76
 13章 「永遠の愛」はあるのだろうか 82
 14章 「男らしさ」「女らしさ」とは何か 92
 15章 「革命」はおこるだろうか 100

Ⅳ 資本主義という時代に生きる 103
 16章 格差の何が問題か 104
 17章 子育てストレスの原因は何か 112
 18章 幸福はお金で買えるだろうか 118
 19章 派遣労働も働き方のひとつではないか 126
 20章 なぜ「わかっちゃいるけどヤメられない」のか 129

Ⅴ その次にくる社会を想う 137
 21章 浪費社会からぬけだす 138
 22章 なぜ未来への希望がもてるのか 143
 23章 人間の未来へのヒント 146

  さいごに──自由へのたたかい 153