株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

大国覇権主義との闘争、綱領路線の発展・充実に力を注いだ諸論稿

ISBN978-4-406-05606-9

宮本顕治著作集 第6巻

宮本顕治著作集 第6巻

一九六二年~七四年

定価3,888円(本体3,600円)

2013年5月14日

四六判上製箱入 421P

八回大会での新しい綱領路線を踏まえて、その実践に踏み出した時期の諸著作を収める。この時期、党は自主独立の立場でソ連と中国・毛沢東派との二つの覇権主義との激しい闘争を展開した。関連の論稿のほか、「三つの自由」の提唱、野呂栄太郎、小林多喜二らの回想、「文芸評論選集」のあとがき、「私の五十年史」など。

【目次】

  • 野呂栄太郎の思い出
  • 「中ソ論争」と日本共産党
    • ーー自主独立の立場を堅持
  • わが党の革命的伝統と現在の進路
  • フルシチョフ解任は修正主義路線の矛盾の現われである
  • 歴史の教訓は現代になにをよびかけるか
  • 共闘体制の前進を望む
    • ーー雑誌『世界』編集部の問いに答えて
  • 『宮本顕治文芸評論選集』第二巻の「あとがき」
  • 明るく民主的で平和な東京のために
  • 自主独立の十年
    • ーーその歴史的、理論的根拠
  • 『宮本顕治文芸評論選集』第三巻の「あとがき」
  • 『宮本顕治文芸評論選集』第四巻の「あとがき」
  • 自主独立の道
  • 真の革新問う三原則を提示
  • 半世紀の試練を経た日本共産党と当面する諸問題
  • 国民に提起されている三つの選択
  • 小林多喜二とその戦友たち
  • 三つの自由を完全に保障
  • 三つの自由と日本共産党
  • 私の五十年史
    • ーー覚え書き
  • 解題