株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

企業の社会的責任の新しい基準とは

ISBN978-4-406-05783-7 C0036

原発・環境問題と企業責任

原発・環境問題と企業責任

環境経営学の課題

定価1,944円(本体1,800円)

2014年3月29日

A5判並製 192P

深刻化する地球環境問題、原子力発電が環境破壊の持続不可能なエネルギーであることが明らかにした原発事故。その主要な原因である企業活動を、企業の社会的責任(CSR)という新しい経営論理とマネジメントの基準から見直し、東京電力の社会的責任や国際的規制の特徴など、環境経営学の有効性について考察する。

【目次】

  • はじめに
  • 第1章 環境経営学とは何か
    • 1 地球環境問題と地球環境運動の歴史
    • 2 資本の経済的動機
    • 3 環境経営と自然価値
  • 第2章 地球温暖化と企業
    • 1 地球温暖化の原因とメカニズム
    • 2 温暖化対策における世界と日本の実績
    • 3 温暖化対策のマトリクス
    • 4 温暖化対策の実効性
  • 第3章 原発と企業ーー東京電力の社会的責任を中心に
    • 1 3・11原発事故と環境影響
    • 2 原発導入の経緯と軍事目的
    • 3 東京電力の隠蔽体質とCSR
    • 4 原子力エネルギーの持続不可能性
    • 5 自然エネルギーへの転換
  • 第4章 環境経営の手法とシステム
    • 1 経営戦略の再構築
    • 2 ISO14000の成立の経緯
    • 3 環境経営の方針と組織
    • 4 環境経営のシステム
  • 第5章 「社会的責任」という国際規制
    • 1 企業倫理への社会的規制とISO26000
    • 2 CSR政策におけるEUと日本比較
    • 3 ステイクホルダー資本主義の意義と限界
    • 4 持続可能な企業の成長原理
  • 索引