株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

宙を見上げるのは、どんなときですか?

ISBN978-4-406-06044-8 C0044

人はなぜ星を見上げるのか

人はなぜ星を見上げるのか

星と人をつなぐ仕事

定価1,944円(本体1,800円)

2016年8月30日

四六判並製 176P

星野道夫に、オーロラに憧れた高校生が、研究者から星空を人々に伝える仕事に就いたのはなぜか。見ることのできない人が、震災に遭った人々が、星空を見つめて勇気をもらっていた事実。星が戦争につながり、平和への思いを作り出したこと。そして星が人と人をつなぐ物語を通して、私たちの未来も考えられる本です。

プロローグ――20年前の手紙から

1 そうだミュージアムをつくろう
2 子どもたちの宇宙を原点に
3 「オーロラストーリー」が生み出したもの
4 心の中の星空をドームに――プラネタリウム・ワークショップ
5 星空が教えるめぐる時
6 星を頼りに――ぼくとクジラのものがたり
7 星で心をつむぐ――星つむぎの歌
8 見えない宇宙を共有する
9 星から生まれる私たち
10 遠くを見ること、自分を見ること
11 戦争と星空――戦場に輝くベガ
12 星がむすぶ友情――宮沢賢治と保阪嘉内
13 ほしにむすばれて――人と宇宙のドラマ
14 震災の日の星空
15 手紙を書くこと、見上げること
16 音楽とともに
17 宙をみていのちを想う――医療・福祉と宇宙をつなぐ
18 星を「とどける」仕事へ

エピローグ――星つむぎの村へ