株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

ISBN978-4-406-05616-8

上田耕一郎著作集 第6巻

上田耕一郎著作集 第6巻

アメリカの世界戦略論

定価3,780円(本体3,500円)

2013年10月11日

 

ソ連崩壊後、クリントン、ブッシュなど歴代政権が、模索の過程を経て到達した新世界戦略とはなんだったか。9・11テロを転機にアフガニスタン、イラク戦争として発動された覇権主義の新戦略の危険な全貌を、広い歴史的な視野のもとで明らかにした諸労作。六〇~七〇年代の国際論争の中でのアメリカ帝国主義論にもつながる。

【目次】

  • クリントンの世界戦略と軍事同盟の変貌
    • 1 市場民主主義諸国の世界共同体の「拡張戦略」
    • 2 世界市場の制覇をめざす経済的覇権主義
    • 3 地球規模の「軍事管理」をめざす軍事的覇権主義
    • 4 「関与と拡大の国家安全保障戦略」の二つの特徴
    • 5 核抑止体制が生みだす矛盾
    • 6 NATO拡大とその変質
    • 7 「東アジア戦略」と日米軍事同盟
    • 結び 非核・非同盟の路線と運動の国際的使命
  • 同時テロ事件とブッシュ政権の世界戦略
    ーーそのユニラテラリズムと対アジア・対日政策
  • 「ブッシュ戦争」と「核・軍事的帝国主義」論
    • 1 「悪の枢軸」論と「ブッシュ戦争」
    • 2 「核・軍事的帝国主義」、ケナンのアメリカ外交論
    • 3 アメリカ経済の「軍事化」
    • 4 「核兵器帝国主義」、ヒロシマ・ナガサキ
    • 5 軍事同盟体制と常時戦闘体制
    • 6 ベトナム戦争と史上最初の化学兵器戦
    • 7 「テロ国家」アメリカ
    • 8 平和の国際秩序をめざして
  • 解題