株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

六〇年代~七〇年代前半の三論稿。広い視野での多彩な問題提起をふくむ。

ISBN978-4-406-05613-7

上田耕一郎著作集 第3巻

上田耕一郎著作集 第3巻

理論戦線での提起と探求(上)

定価3,564円(本体3,300円)

2013年4月11日

四六判上製箱入 348P

ソ連修正主義との闘争が本格化した段階で、当面する理論的な課題を提起した「マルクス主義の現代的課題」、階級闘争の戦術問題でのマルクス、エンゲルス、レーニンの理論遺産の集中的研究を背景に現代の革命を論じた試論「一国革命と世界革命」、七五年時点で理論・政策分野での課題を包括的に提起し解明した報告(社会科学研究所主催)を収録。

【目次】

  • マルクス主義の現代的課題
  • 一国革命と世界革命——現代革命の歴史的条件
  • はじめに
    • 1 マルクス、エンゲルスの「同時革命」論とレーニン、スターリン
    • 2 帝国主義戦争とレーニンの社会主義革命論
    • 3 ロシアにおける一国社会主義革命の勝利
    • 4 ロシア革命とヨーロッパ革命
    • 5 レーニンによる先進国革命の特徴づけ
    • 6 現代の諸問題に関連して
  • 理論政策活動の新しい前進のために——社会科学研究所主催「理論・政策問題についての会議」における報告
    • はじめに
    • 1 四中総決議の意義
    • 2 日本共産党の路線と活動の創造的貢献
    • 3 当面する情勢と理論・政策上の諸課題
    • 4 現代資本主義の理論問題
    • 5 国際共産主義運動と社会主義の歴史的展望
    • 6 党員理論家、研究者、政策活動家の任務
    • むすび
      • 解題