株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

古典を学ぶ醍醐味が味わえる、誘いの書

ISBN978-4-406-05781-3 C0030

『古典教室』全3巻を語る

『古典教室』全3巻を語る

定価1,512円(本体1,400円)

2014年4月17日

A5判並製 216P

『古典教室』全3巻を素材に、講師(不破)と石川・山口の3氏が、科学的社会主義の全領域――世界観、経済学、社会主義、革命論を縦横に語る。旧来の「定説」のどこに問題があったか、新たに浮き彫りにされたマルクスの学説の核心とは何か、現代の諸問題にも新鮮な視野が開かれる。“目から鱗”など『前衛』で好評の鼎談3回がこの一書に!

【目次】

  • 全体の構成の特徴ーーマルクスを読み、現代に生かす
  • 第1巻を語る
    • 第1課 『賃金、価格および利潤』
      • ーーマルクスの理論の発展のなかで重要な位置を占める
    • 第2課 『経済学批判・序言』
      • ーー社会変革を決める「上部構造」のたたかい
  • 第2巻を語る
    • 第3課 『空想から科学へ』
  • 第3巻を語る
    • 第4課 エンゲルス『フランスにおける階級闘争』への「序文」
      • ーー革命観、資本主義観の転換と多数者革命路線への発展
    • 第5課 マルクス、エンゲルス以後の理論史
      • ーー曲折の歴史を経て科学的社会主義の大道へ