株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

急速な軍事化の道、戦前にもどさない科学者の声あり

ISBN978-4-406-06089-9 C0031

「軍学共同」と安倍政権

「軍学共同」と安倍政権

定価2,160円(本体2,000円)

2017年6月27日

46判並 256P

科学が戦争に荷担した歴史に学び、戦後軍事にかかわる研究はしないとしてきた日本の科学者と大学等の研究機関。今、安倍政権のもと、予算をたてに「軍学共同」へと舵を切らせようと圧力が……。戦前の負の遺産を再度学び、今起きている問題とその危険性を明らかにする7つの論文。日本学術会議の新・声明と報告も収録。

  • はじめにー著者のひとりとして 池内 了
  • 「軍学共同」へどう対抗するかーその現在・背景・これから 多羅尾光徳
  • 軍学共同と大学の危機 池内 了
  • 日本の核開発の歴史から科学者の社会的責任を考える 山崎正勝
  • 一五年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために 西山勝夫
  • 軍事研究を加速させる二つの技術戦略と「軍・産官学」体制へと進む動き 河村 豊
  • 科学者を軍事動員する防衛省の研究推進制度 土井 誠
  • 安倍政権下で軍事費はどうなっているか 竹内 真
  • 資料

    声明 軍事的安全保障研究に関する声明(2017年3月)日本学術会議

    報告 軍事的安全保障研究について(2017年4月)日本学術会議・安全保障と学術に関する検討委員会