株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

民衆のゆたかな創造力が生みだした、貴重なことばの数々!

ISBN978-4-406-05930-5 C0081

滅びゆく日本の方言

滅びゆく日本の方言

定価1,620円(本体1,500円)

2015年9月10日

四六判並製 202P

明治から昭和初期の頃まで全国各地で使われていた〝伝統的〟な日本の方言。『日本言語地図』や『方言文法全国地図』をもとに、その貴重でユニークなことばの世界をテーマ別に紹介する。方言の分布、ことばの由来、語形誕生の順序、日本語の歴史との関係などをやさしく解説しつつ、これからの方言の変容に思いを馳せる本。

 * 目次
  まえがき 3

Ⅰ 方言とはなにか 13
  方言とは 14 / 方言の生成と伝播 16

Ⅱ 自 然 19
  かみなり(雷)──昔は「ナルカミ」(鳴神)と言っていた 20
  いなずま(稲妻)──「イナズマ」は稲の夫だった 24
  つゆ(梅雨)──「ツユ」は西日本で生まれた共通語 27
  つらら(氷柱)──『源氏物語』では「たるひ」 30
  つむじかぜ(旋風)──アラシ(嵐)の「シ」は「風」を意味する古語 35
  しあさっては何日目?──「シアサッテ」か「ヤノアサッテ」か 39
  〔解説〕①周圏分布・ABA分布・方言周圏論 21 / ②民衆語源・民間語源 23
      ③西日本生まれの共通語 27

Ⅲ 食物・料理・味 45
  さといも(里芋)──芋煮会の定番 46
  じゃがいも(馬鈴薯)──地名や人名から生まれた呼び名が多い 49
  もみがら(籾殻)とぬか(糠)──昔はどちらも「ヌカ」と言っていた 53
  すりばち(擂鉢)とすりこぎ(擂粉木)──スリコギはスリバチの夫 58
  「甘い」と「塩味が薄い」──砂糖の味をあらわすアマイは新しい表現 61
  〔解説〕④忌みことば(タブー語) 60

Ⅳ 人間・生活 63
  ほお(頬)──昔は「ツラ」と言っていた 64
  ものもらい(麦粒腫)──物をもらうと治る目の病気 67
  あざ(痣)とほくろ(黒子)──ホクロは「ハハクソ(母糞)」の変化 70
  つば(唾)とよだれ(涎)──ツバは「ツバキ」(つ+吐き)の変化 75
  ゆび(指)──昔は「および」と言っていた 78
  かかと(踵)──西はカガト、東はカカト 84
  おんな(女性)──「をみな」は「美しい女性」という意味だった 86
  あほ・ばかの方言──バカはアホよりも古いことば 91
  酒とことば──「酒」の方言は少なく、「酔っぱらい」の方言は多い 95
  〔解説〕⑤類音牽引 66 / ⑥混交 80 / ⑦基礎語彙 97 / ⑧方言量 98

Ⅴ 動 植 物 101
  かたつむり(蝸牛)──柳田國男の「方言周圏論」で有名 102
  とんぼ(蜻蛉)──方言に残る古語(「あきづ」と「ゑんば」) 108
  カマキリとトカゲ──意味の逆転! 112
  カエル(蛙)──「ヒキ」「ビッキ」は「カエル」より古い 114
  とさか(鶏冠)──「トリ(鳥)サカ」の変化 117
  うし(牛)──東北の「ベゴ」は牛の鳴き声から 119
  牛の鳴き声・雀の鳴き声──東京の雀はチーチーと鳴く 122
  ふくろうはなんと鳴くか──「糊をつけて干せ」など多様な表現 125
  どくだみ(草)──語源は「毒を止める」 128
  つくし(土筆)とすぎな(杉菜)──つくし誰の子、すぎなの子 130
  〔解説〕⑨誤れる回帰 104 / ⑩音位転倒 118

Ⅵ 遊 戯 133
  おてだま(お手玉)──北海道のアヤ(コ)は「あやとり」と同じ発想から 134
  たこ(凧)──ハタは古く、イカが新しい 137
  たけうま(竹馬)──「タケウマ」は今とはちがう遊びだった 140
  かたあしとび(片足跳び)──「ケンケン」は西日本から伝播した表現 142
  えらび歌── ♪ どれにしようかな(天の)神様の言うとおり 145

Ⅶ 文法的特徴の地域差 151
  「雨が降っているから」(接続助詞)── ♪ 俺たちゃ町には住めないからに 152
  「今日はいい天気だ」(断定辞)──「ダ」「ジャ」「ヤ」は「である」の変化 157
  「ミカンを皮ごと食べた」(接尾辞)──「グルミ」「ゴン」の表現も 161
  「の」と「が」の使い分け──「先生の手ぬぐい」と「泥棒が手ぬぐい」 164
  「能力可能」と「状況可能」──「泳ガレル」と「泳グニイー」 166
  進行態と完了態──「花が散リヨル」と「花が散ットル」 168
  「ラ抜きことば」と「レ足すことば」──共通語化する「ラ抜きことば」 171
  〔解説〕⑪類推 172

Ⅷ 方言の現在 177
  方言衰退の意識 178 / 共通語化することば 179
  方言と共通語──使い分けの時代 180 / 生き残る方言語彙 182
  各地で生まれる新方言 183 / 現代社会における方言の機能 185
  教育における方言 186 / 災害と方言 188
  商品・標語・ポスターにみる方言 190 / 方言で遊ぶ 191
  教養・文芸・ドラマ 194 / 方言の機能の変化 197
  〔解説〕⑫地方共通語 179

【引用文献】 199