株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

自主的発展さまたげる、歪みの裏の首魁たち

ISBN978-4-406-05701-1 C0036

亡国の経済

亡国の経済

日本の財界とアメリカ

定価1,296円(本体1,200円)

2013年7月25日

四六判並製 157P

「日米同盟の強化」をうたいTPP参加を政府に求めた経団連。なぜ自ら経済主権を売り渡す道へと突き進むのか――。本書は、かくも卑屈な日本の態勢がどのようにつくられてきたのかを大戦直後にさかのぼり追跡する。農業、金融、原発、雇用の各分野にみる“属国経済”の実態と仕組みを浮き彫りにし、日本政府と財界が真に果たすべき責任を問う。

【目次】

  • 第1章 経済主権の“売り渡し”ーーTPP・原発・雇用
  • 第2章 日本の財界とアメリカ
  • 第3章 日本農業ーー際限ない「自由化」圧力
  • 第4章 金融自由化、超低金利政策へのレール
  • 第5章 「干渉」の制度化