株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

税率上げても財政悪化、社会保障よくならず……こんな増税納得できる?

ISBN978-4-406-05575-8 C0033

消費税が日本をダメにする

消費税が日本をダメにする

定価1,296円(本体1,200円)

2012年4月17日

A5判並製 160P

景気を冷え込ませ、政府の借金を増やし、「格差」を広げる――日本の「失われた20年」に影を落としてきた消費税の真実と、野田政権が「待ったなし」とする増税論のウソを解明。「増税やむなしか」と感じている人の疑問にも判りやすく答えます。共産党の社会保障充実・財政危機打開の提言も丁寧に解説。いま、必読の一冊です!

  • はじめに——日本の「失われた20年」は、消費税とともに始まった
  • 第1章  消費税増税の三つの害悪
    • 1 くらしと経済に大打撃
    • 2 財政危機をますます深刻化
    • 3 格差を広げる不公平な税
  • 第2章  「一体改革」の7つのウソ
    • 1 「社会保障に使う」というウソ
    • 2 「上げないと財政が危ない」というウソ
    • 3 「みんなが負担する」というウソ
    • 4 「景気に中立」というウソ
    • 5 「税率10パーセント」のウソ
    • 6 「身を切る」というウソ
    • 7 「世界の常識」というウソ
    • 補論 政府の「財政健全化目標」の問題点
  • 第三章  消費税増税なしで社会保障は良くなる
    • 1 日本の社会保障はもっと良くできる
    • 2 2つの改革、2つの段階
    • 3 第1の段階「社会保障再生計画」の実行
    • 4 財源はムダ一掃と富裕層・大企業の負担で
    • 5 第2の段階 応能負担の税制改革で先進水準の社会保障へ
    • 6 経済を健全な成長の軌道にのせる民主的経済改革
    • 7 経済・財政の見通しについて
  • おわりに
  • 消費税・「一体改革」豆知識