株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

最初の草稿から第一部完成稿まで『資本論』の形成過程を深く探究する

ISBN978-4-406-05534-5 C0030

『資本論』はどのようにして形成されたか

『資本論』はどのようにして形成されたか

マルクスによる経済学変革の道程をたどる

定価2,160円(本体2,000円)

2012年1月12日

46判上製 348P

『五七~五八年草稿』、『六一~六三年草稿』など、『資本論』第一巻刊行までの全草稿をもとに、マルクスの経済学発展の全過程を内容と構想の両面から再現。恐慌の「運動論」や「独自の資本主義的生産様式」規定の発見の意義とともに、革命論の発展との相互関係、第一部完成稿の画期的内容にも新たな光を当てる。雑誌『経済』連載に全面的に加筆し、「まえがき」では不破氏の探究のあとが歴史的に語られる。

〔目次〕

  • まえがきーー『資本論』形成史を探求して
  • 序章 経済学変革の画期をなした諸発見
  • I 経済学上の発見を報告するーーマルクスからエンゲルスへの手紙
    • 第1章 一般利潤率と絶対地代の発見(1862年)
    • 第2章 「発生論的方法」の確立
    • 第3章 マルクス独自の「経済表」への到達(1863年)ーー新分野・再生産論に道を開く
  • II 恐慌論の探求と展開ーー運動論の発見を軸に
    • 第4章 初期段階(1857〜64年)の考察を追う
    • 第5章 恐慌の運動論ーー1865年の発見とその意義
    • 第6章 『資本論』第三部後半での運動論研究(1865年)ーー第四篇の構想を大きく変更する
  • III 「独自の資本主義的生産様式」ーーこの規定の誕生と発展を追跡する
    • 第7章 「独自の資本主義的生産様式」という規定の誕生ーー「機械」論続講
    • 第8章 『資本論』の『六三〜六五年草稿』と新規定
  • IV 『資本論』第一部完成稿の研究
    • 第9章 『資本論』第一部ーー完成稿でなにが変わったのか
    • 第10章 第一部完成稿の第二部、第三部構想への影響
    • 終章 いわゆる「プラン問題」とマルクスの経済学説の発見