株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

「寄りそう医療」を今日的視点で問い、生きた姿で活写する

ISBN978-4-406-05515-4 C0036

被災者に寄りそう医療

被災者に寄りそう医療

震災最前線の絆

定価1,620円(本体1,500円)

2011年11月22日

46並製 230P

あまりにも甚大な被害をもたらした東日本大震災、そして原発の過酷事故。この被災に全日本民医連はどのように向き合い、心血を注いだのか。その「助け合う心」を底流にした活動は、「あたたかい心の交流を生み出す豊かさ」と生き抜く力をじっくりと育て、珠玉のドラマを数多く誕生させた。ともに「立ち上がること」を問いかけるヒューマンドキュメンタリー。

  • 第一章  再生できる可能性を拾う
    • (1)災害緊急医療モード全開!
    • (2)しっかり生きよう!──【宮城県・坂総合病院】
    • (3)もう駄目、と思っても人間は!──【宮城県・松島海岸診療所】
    • (4)職人の魂──【宮城県・長町病院、若林クリニック】
  • 第二章  行こう!  北から南から
    • (1)すべての被災者を視野に──【東京・全日本民医連本部】
    • (2)「トイレの神様」──【宮城県・長町病院、坂総合病院】
    • (3)「気になる人」のところへ!──【岩手県・大船渡市】
  • 第三章  限りなく「住民の生活実態」へ!
    • (1)「まるふく物語」──【宮城県・仙台市】
    • (2)民医連・医療生協活動の真髄──【宮城県・山元町】
  • 第四章  ここに人がいる限り──原発事故に立ち向かう
    • (1)阿武隈山系──【福島県・南相馬市、浪江町、富岡町】
    • (2)多様な願いをともに生きる──【福島県・いわき市、郡山市】
    • (3)「心のケア」
    • (4)良心の土台
  • エピローグ