株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

マルクス、エンゲルスの革命論にはじめて本格的な研究のメスを入れた労作

ISBN978-4-406-05301-3 C0030

マルクス、エンゲルス革命論研究(上)

マルクス、エンゲルス革命論研究(上)

定価2,160円(本体2,000円)

2010年1月8日

四六判上製 341P

革命家マルクス、エンゲルスの生涯をたどりながら、彼らがその革命理論をどのように発展させたか、一八四〇年代から九〇年代まで半世紀にわたる理論と実践の歴史を再現。党綱領の理論的基礎が多角的に明らかにされる。上巻では、ドイツ革命の前線に立った一八四八年革命、五〇年代の反動期の蓄積、インタナショナルとともに開けた六〇年代の発展など。

〔目次〕

  • 講座を始めるにあたって
  • 第1講 『共産党宣言』と1848年の革命
  • 19世紀初頭のヨーロッパ
  • 革命的民主主義者から共産主義の革命家へ
  • 最初の党綱領。『共産党宣言』
  • 1848年の革命――革命戦略はどう試されたか
  • 第2講 48年革命後のヨーロッパ
  • 1850〜60年代とは
  • フランス――ボナパルト帝政と国家論
  • ドイツの政治過程とマルクス、エンゲルス
  • イギリス――期待と現実との距離
  • 国際政治と諸戦争
  • 第3講 インタナショナル(上)
  • インタナショナルとはどんな組織だったか?
  • インタナショナルの主な方針と決定
  • 未来社会像への接近