株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社

商品詳細

待望の続巻。一八七〇年代のマルクス、エンゲルスの主要著作を収録。

ISBN978-4-406-05163-7 C0030

古典への招待 中巻

古典への招待 中巻

定価2,052円(本体1,900円)

2008年9月4日

四六判上製 363P

パリ・コミューンの経験から国家論を画期的に発展させた『フランスにおける内乱』、ラサール主義の六つの教条を批判し労働者党の綱領的立場を解明した『ゴータ綱領批判』、科学的な自然観と社会観、未来社会論まで解明した『自然の弁証法』と『空想から科学へ』など、一八七〇年代、マルクス、エンゲルスの主要著作の全内容を克明に解説する。

〔目次〕

  • 第7講   マルクス『賃労働と資本』『賃金、価格および利潤』
  • 第8講   エンゲルス『「資本論」要綱・「資本論」書評』
  • 第9講   マルクス『フランスにおける内乱』
  • 第10講  マルクス『ゴータ綱領批判』
  • 第11講  エンゲルス『自然の弁証法』
  • 第12講  エンゲルス『空想から科学へ』