古典研究

古典の読み方

 古典と呼ばれるマルクス、エンゲルス、レーニンの著作。 その様々な理論的な営みをそれぞれの歴史のなかで読み解き、 道筋を明らかにしながら、結論だけでなくその精神・方法を 汲みだしてきた、多彩で分かりやすい研究書です。著者は古典研究には五ヵ条あると言います。

  • 第1条  著者たちと知り合いになる。
  • 第2条  文献の性格をよくつかむ。
  • 第3条  全体の筋道をつかむ努力が重要。
  • 第4条  くりかえし読む。
  • 第5条  結論だけを鵜呑みにしない。

この五ヵ条を道しるべに、あなたも古典に挑戦してみませんか。

古典教室

書簡選集
(編集・文献解説)

科学的社会主義の
古典選書
(編集・文献解説)

革命論研究

古典への招待

古典研究