株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社 子どもの本

商品詳細

集団自決の事実を、対馬丸の悲劇を、語り伝える

ISBN978-4-406-05729-5 C8321

「集団自決」なぜ

わたしの沖縄戦 1

「集団自決」なぜ

いのちを捨てる教育

定価2,376円(本体2,200円)

2013年11月29日

四六判上製 

 日本で大規模な地上戦がおこなわれた沖縄。その事実を証言から伝える、小学校高学年からおとなまで読めるシリーズがスタートです。すべての学徒隊の方から取材し、網羅的に沖縄戦が分かります。本書では、序章ともいえる慶良間諸島への米軍の侵攻と、その時起きた集団自決、学童疎開船が沈められた対馬丸事件に迫ります。

【目次】

  • はじめに
  • 登場証言者
    • 第1章 慶良間諸島の悲劇
      • 1 慶良間諸島
      • 2 座間味島の「集団自決」(強制集団死)
        • 1 慶良間諸島への米軍の猛爆撃
        • 2 忠魂碑の前に集合!
        • 3 日本軍の道案内をした島の娘たち
        • 4 米軍の座間味島上陸
        • 5 吹き出る血…「集団自決」
        • 6 死なないよ! と逃げまわる幼児
        • 7 おじいさんの呼ぶ声
        • 8 住民に死を強制した軍隊は生き続けた
      • 3 渡嘉敷島の「集団自決」(強制集団死)
        • 1 渡嘉敷島
        • 2 西山に集まれ!
        • 3 愛するがゆえに母親に手をかけた
        • 4 軍の強制と誘導による「集団自決」
    • 第2章 対馬丸の子ども
      • 1 対馬丸の子どもからあなたへ
      • 2 対馬丸事件
      • 3 海に沈んだ子どもたち
      • 4 口止め(箝口令)
    • 第3章 戦場への道
      • 1 お前を16歳まで育てたのは死なすためではない!
      • 2 軍事教育一色に染まる学校(昭和16〜18年)
      • 3 沖縄はすでに戦場…「八重山出身者は戦争が終わるまで帰るな」
      • 4 沖縄戦の悲劇を暗示する10.10空襲(昭和19.10.10)
    • 第4章 軍国主義の旗手となったティーンエイジャー
      • 1 なぜ沖縄で戦争があったのか…15年戦争と沖縄戦
      • 2 防衛隊の招集…根こそぎ動員
      • 3 看護教育…女子学徒隊
      • 4 学徒出陣壮行会
      • 5 正看護婦として入隊…看護学校生徒
      • 6 軍国主義のマインドコントロール
        • 1 「軍神大舛松市大尉に続け!」…軍国主義教育
        • 2 「御真影奉護壕」…皇民化教育
        • 3 「鬼畜米英」…敵愾心教育
        • 4 「方言札」…沖縄方言廃止教育
        • 5 「靖国神社に祀られる」…いのちを捨てる教育