株式会社新日本出版社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-6 TEL03-3423-8402 

新日本出版社 子どもの本

商品詳細

りんごの季節になると、父はその日のことを子どもたちに語りつづけた――

ISBN978-4-406-03211-7 C8793

紅玉(こうぎょく)

紅玉(こうぎょく)

NDC913

定価1,512円(本体1,400円)

2005年9月8日

B5判変型上製 32P

小学校低学年~小学校中学年向き

戦争が終わった年の九月。収穫間近のりんご畑がおそわれた。朝鮮や中国からむりやり連れてこられ、炭坑で働かされていた人びとだった。目をぎらつかせ、赤いりんごにかぶりついていた――。北海道の広大な自然。そこでひたむきに生きた農民が見た戦争のすがた。中国や朝鮮の人びととのふれあいを鮮やかに描いた自伝的絵本。

あとがき

故郷・北海道美唄(びばい)市は、炭鉱地帯として有名でした。戦争中は、強制連行されてきた朝鮮や中国の人びとが過酷な労働を強いられていたのですが、あまり知られていません。日本全体では、中国人、約四万人、朝鮮人、二百数十万人といわれていますが、その歴史的事実さえも忘れられているように思えてなりません。

父は八十九才になりました。元気です。「あの人たち、どうしてるべな」と、いまも北海道弁で語り続けています。

2005.8.15